男なら憧れ!王様気分で3Pハーレムプレイ「王様のBuffet」

英語
中国語
中国語
OPEN 9:00-翌3:00受付
金.土.祝前日 9:00-翌4:00受付
TEL 06-6379-3088

MM会員ログイン

ログイン情報変更依頼

コロナ完全対策中

新大阪送迎サービスはコチラ

新大阪送迎サービスはコチラ
巨乳キャリア向上委員会グループ 巨乳1094キャリア向上委員会グループ 神対応女子キャリア向上委員会グループ 巨乳母キャリア向上委員会 巨乳キャリア向上委員会グループ AV委員会グループ ビギナー向上委員会グループ 巨乳カウンターレディ向上委員会 サイドジョブキャリア向上委員会 アシスト向上委員会
営業時間を通常通り、平日は9:00-翌3:00受付、金・土・祝前日は9:00-翌4:00受付となります。
  • 2021/10/24入店

    指名料2200円

    バキュームっぱなし

    中野 三玖(なかの みく)(24)

    T154 B84(E) W59 H85
    • 顔面乳圧
    • 乳首シックスナイン
    • 乳首ブラシ
    • 授乳手コキ
    • 巨乳ウォッシュ
    • パイズリ
    • 巨乳洗体
    • パイズリフェラ
    そうだ!アナル舐めてもらいにアニリングス行こう!変態な性癖で一般店で満足できない僕らに変態の聖地(゚∀゚(⊃*⊂) 
    己の妄想力を極限に高めた状態での風俗遊びこそ、最高の風俗ヌキ。こうした妄想風俗遊びをするために欠かせないことがある。“日頃のエロ鍛錬”である。そのため1日3本というAV鑑賞のノルマを達成していく内に、あれもしたい!これもしたい!と妄想が止まらなさすぎてファンタジーの世界と現実の区別がつかなくなってしまった病のマネージャーです。最近ではバイアグラもシアリスやレビトラといった勃起薬も耐性ができて効かなくなり、割り箸で添え木して強度を補強してます。しかし、勃起せずとも射精するという神にも背く行為を会得してしまいした。
    『フェラが大好きという娘に悪い娘はいない』とは孫氏の兵法に書かれた言葉だ。考えても見て欲しい、オシッコを排出するのと同じ部位をしゃぶるのが大好きということは、男性の全てを受け入れるのと同義。それに加え、彼女達はそれで反応する男性が可愛いのだと言う。そこで“中野 三玖さん”は特にお○んちんを吸う、即ちバキュームだ。これはもうアニリングス的には母性の極みである。なんとバブみが高いのだ、亀頭をくまなく舐めるベロテクはもちろんのこと、袋までも丁寧に舐め吸い、竿も奥まできっちり飲み込み吸う!流石フェラ好きを自称するだけあって、テクに不安はない。バキューム音もかなりのもので、もはや聞かせるフェラだ(・ω(:;(⊂=⊂≡ (っΣ⊂≡⊂= / ) ズバババ ( / ̄
  • 2021/10/02入店

    指名料6600円

    OLスレンダー巨乳

    椿(28)

    T160 B98(I) W59 H95
    • 顔面乳圧
    • 乳首シックスナイン
    • 乳首ブラシ
    • 授乳手コキ
    • 巨乳ウォッシュ
    • パイズリ
    • パイズリアナルリップ
    • 巨乳洗体
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
    ┃僕┣┫等┣┫は┣┫巨┣┫乳┣┫が┣┫好┣┫き┣
    ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
    おっぱいソムリエこと“揉むリエ”の資格をもち“揉むノフ”(熱狂的な巨乳ファン)を率いるマネージャーです。“やっぱり、オッパイはでかい方が良いに決まってる・オッパイに妥協はない”を信念に、ウルトラの乳をプロデュース。キャピキャピしていたりフツーの女子が、おっぱいをだした途端に時空を超えたマリア像とか神々しい感じに見えるのは巨乳あるあるのひとつ。そして、いつまでたってもおっぱい離れできないのは“坊やだからさ”と割り切ってでますが、常に巨乳に囲まれてるので女性の生理前特有の“ムラムラ”がずっと続いている日々です。
    「よくしらない街を何も知らない女性と彼女のおっぱいであてもなく…したい」
    繁華街にある大阪は十三のラブホテルに見知らぬ者同士に生まれる奇妙な連帯感。あの不思議な感覚をここ大阪の風俗でも味わえないかと考えた私は、宿泊しているAPA ホテル新大阪南から阪急京都線に揺られ、ここ十三のジーニア🏩までやってきた。はじめて大阪に来たので、今回はお店のスタッフに任せてフリーでオーダー。訪れたのは、雰囲気をまとった艶のある、衣類の上からでも例え100m先からでも視認できる見事な巨乳の美人さん“椿さん”。「凛」という漢字を体現したような美女が、本日のお相手だ。
    ホームページの得意なプレイの項目に書かれた「今治洗体プレイ」のいち文字を見た私は、彼女の「お風呂で気持ちよくなりましょうね♥️」と軽く受け渡せばよかったものを、自分の中で「カチリ」と変なスイッチが入った私は、
    「結婚20年目の私は日々生活する上で当たり前のように側にあり、まるで空気のような存在、それがおっぱいです。 だからこそ、タオルは素材も感触も良いものを使いたいです」と動揺してチグハグな説教じみた口調で彼女を諭してしまう。すると次の瞬間、「(´∀`*)ウフフ他のおっぱいにはない使い心地。タオルでは味わえない感触ですから」と椿さんの眼が妖しく赤く輝き出したんだ。
    「だってそれはさ!」と珍しく大きな声を出してしまった私を押切り、「タオルを使う時に一番大事にしたい要素、それはやっぱり肌触りですよね。」と彼女はいつのまにか私の衣類を脱がせて、浴室内に私の手を取り、連れて入って行く。
    「お風呂はキレイにするためだけではないんですよ」という彼女の言葉は、夜職の接客という仕事を続けて来た人にしか口にできない重い言葉だった。なのに私は、それを恥ずかしくて…否定した。踏み込んではいけない彼女の聖域を土足で踏みにじってしまったのだ。その非礼を彼女に謝りたいが、私にその術がわからない。悩んでいるうちに…( ゚д゚)ハッ!もう120 %の強度で勃起していた。徐々に先っぽから我慢汁が流れ出し辺りを侵食し始めた頃「こっちに来てください」と彼女が私のペニスを手招きした。
    「ほらぁ。(´∀`*)ウフフ綺麗にしながら気持ちよく♥️」と彼女が指差す先には“肌色、桃、乳白色に光る女神”のような乳房があった。彼女が話しかけてくれたこのチャンスを逃すまいと、私は勇気を振り絞り「さっきは言い過ぎてごめん」と頭を下げる。しかし、その動きとは逆にペニスは天に向けて“違った意味で凛”と。その姿に椿さんは何も答えてはくれず、ただ微笑💋するだけ。私のカラダに乳房をゆっくり押し付け、「タオルは毎日朝、顔を洗って使用しています。一日のはじまりは、このタオルの肌触りに包まれたい。私のおっぱいも、そう思ってくださるみたいです。」と目で訴えかけてきた。私はおっぱい洗体プレイに「なめらか」という表現はあまり使わないかもしれませんが、触れた瞬間に感じるなめらかで柔らかい肌触り。それに意識を集中しすぎて(人´∀`).☆.。.:*・゚彼女の意向に従うしかなかった。気持ち良すぎて唇を噛んだまま何も言わずにいる私を見た椿さんは「気持ちいいですか」とまた目で…。

    ふわっとまるで包み込んでくれるような肌触りで、すーっと肌を滑っていきます。タオルの硬さと比べると真逆の硬質度。デリケートな肌の持ち主でも、何度肌をこすっても傷つかない、思わず頬ずりしたくなる感触が、椿さんの“今治洗体プレイ”なのだ。